男性更年期障害

男性の更年期障害の症状と治療の方法

投稿日:

 

男性の更年期障害は、加齢男性・性腺機能低下症候群ともよばれています。そして、原因は、女性と同様、男性ホルモンの減少によるものです。女性との違いは、男性の更年期は、さほど多くはおこらないということです。では、どうして、男性の更年期がおこるのでしょうか。それは、極度の疲労やストレス、環境の変化が、引き金になっている場合が追いようです。現在は、多くのストレスがありますので、うつ病などの精神的な病気と判断されてしまう場合も多いようです。

 

男性更年期障害の症状

男性の更年期障害の症状としては、女性と同様の症状に加え、EDや、筋肉量の低下、体毛の変化などがあります。このような症状は、徐々に現れてくることが多いので、ストレスやうつといった精神的な病状と間違われるのです。

 

男性更年期障害の血液検査

男性の場合は、更年期障害かどうかを、血液検査で調べることができます。血液中の男性ホルモンの測定をすることが一番の判断材料です。診断基準としては、男性ホルモンである遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満であれば、男性ホルモンは低いとみなされます。また、この検査は、午前中に行うことが推奨されます。

 

男性更年期障害の治療法

男性の更年期障害の治療は、漢方薬や軽い安定剤の処方などが多いですね。遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合は、男性ホルモン補充治療をまず行います。

-男性更年期障害

Copyright© 更年期障害との付き合い方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.