更年期障害の治療と緩和

更年期障害の治療 漢方薬

投稿日:

更年期障害の症状は、さまざまですが、わりと軽めの症状の場合は、リスクのあるホルモン剤のりようよりも、まずは、漢方薬で対処する場合が多いようです。漢方薬療法は、更年期障害を治すのではなく、症状を緩和することを目的として使われているようです。

 

もともと、漢方は、体の状態を整えることを目的としていますので、更年期障害の症状の改善にも大変効果があります。漢方は長く継続して利用することで体調を整えることができますので、更年期障害の症状にはぴったりですね。利用を継続することで、漢方は、自分自身の自己治癒力を高めてくれます。

 

更年期障害のための漢方薬ですが、ホルモンの調整は一切行いません。ホルモンに直接アプローチするのではなく、症状を軽くするために、体がホルモンの少ない状態に慣れることを目的にしているのです。

 

漢方療法の特徴としては、個人の体質によって薬が違うんのですが、主に、加味逍遥散をはじめ、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散などが使われます。また、漢方の特徴のもうひとつは、副作用が少ないことです。

 

誰でも長期的な使用が可能な療法として漢方療法は、さまざまな効能があるので、自分に合わせた漢方薬を調合してもらいましょう。

-更年期障害の治療と緩和

Copyright© 更年期障害との付き合い方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.