更年期障害の治療と緩和

更年期障害の治療 薬、ホルモン療法

投稿日:

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減ることでおきるものですから、この原因を根本的なところで改善すれば、更年期障害は低減されます。そのひとつが、ホルモン補充療法です。

 

しかし、ホルモン補充療法は、誰もが受けられるものではなく、条件によっては、この療法を受けられない人もいます。現在すでに、心疾患、肝疾患、腎疾患などの病気を持つ人で、重篤であればまず、ホルモン補充療法は受けることができません。

 

ホルモン補充療法で効果がある症状としては、ほてり、のぼせ、発汗、冷えなどの症状や、うつなどの精神的な症状だといわれています。そのほかにも性交痛、萎縮性膣炎からの膣乾燥感、骨粗しょう症にも効果があるようです。

 

しかし、ホルモンのバランスを外的なものからちょうせいするため、副作用がおきる場合があります。個人差はあるものの、乳房痛、頭痛、悪心、不正出血、嘔吐などが見られることが報告されています。また、一部では、がんになりやすいとも言われています。

 

更年期障害の症状の改善には、原因から治療するホルモン療法は、最適な方法ではありますが、多くのリスクが伴うことを考えると、できるだけ、症状に対するケアをおこなったり、生活改善等のセルフケアでのりきる方法も考えたほうがよさそうですね。

-更年期障害の治療と緩和

Copyright© 更年期障害との付き合い方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.